オリジナルタオルと名入れタオル専門店:タオルショップジェイピー

オリジナルデザインから無料お見積もりまでタオル制作のお手伝い

同人用オリジナルアイテムに最適。同人タオルとして活用できます。

イラスト表現が得意なインクジェットプリントや、全面タオルがおすすめです!定番のフェイスタオルのほか、ハンカチサイズも喜ばれます。

転写タオルならグラデーションなど諧調の表現にも向いているのでハンカチグッズなどに最適です。

同人タオル

印刷技術の進歩によって個人でも気軽に同人グッズを作れるようになりました。様々なグッズを作成するサークルが増えているように同人活動においてグッズ制作は欠かせない手段となっています。

同人タオルのイメージ

同人イベントでよく見かけるようになったオリジナルグッズ。かつては制作のハードルが高かったのですが、技術の進歩による低価格化&小ロット化の実現によって、現在は個人でも気軽にグッズを作れるようになりました。キーホルダーやストラップ、マグカップなど、さまざまなアイテムがある中で、実用的、且つイラストを魅力的にアピールできるグッズのひとつとして「同人タオル」が注目されています。

例えば小さな「ハンドタオル」は、ノベルティにピッタリ。同人誌を購入してくれた方への特典としてプレゼントしたり、周囲のサークルさんへの挨拶時に配ったり、いろいろなシチュエーションで活躍します。ポケットサイズなので収納も楽々!戦利品の収納スペースを圧迫しないところも大きなメリットといえるでしょう。

また、販売用のタオルをお考えの方には「フェイスタオル」や「マフラータオル」がおすすめです。熱気がこもりがちな即売会では、汗を拭くのに役立つだけではなく、日差しを防いだり、敷物としても利用することができます。もちろん、自宅でも利用シーンが多いことから、同人グッズの中でも特に需要が高い傾向にあります。

同人用の名入れタオルでは、緻密で繊細なイラストを印刷される方が多いため「全面昇華転写プリント」や「染料インクジェットプリント」をおすすめしております。こちらは、写真や水彩画などに強い印刷技法で、グラデーションも再現可能です。

また、単色塗りのイラストまたはサークルのロゴなどをプリントしたいときは「顔料プリント」「枠有りプリント」が最適です。使用できる色数は少なくなってしまいますが、コストを低く抑えられるのが魅力となっています。

このように、イラストや画風によっても適した印刷方法が異なります。オリジナルタオルの制作をご検討の方は、まずは一度ご相談ください。もちろん、見積もりだけでも大歓迎です。皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

今すぐ無料お見積もり

名入れ方法とタオルの組み合わせ

全面昇華転写プリント × マフラータオル

全面昇華転写プリント × マフラータオル お見積もり詳細

染料インクジェット × フェイスタオル

染料インクジェット × フェイスタオルのイメージ お見積もり詳細

顔料インクジェット × フェイスタオル

顔料インクジェット × フェイスタオル お見積もり詳細
  • どんな風に使える??

    (オリジナルタオルの利用目的あれこれ)

    同人イベントのオリジナルグッズとして
    実用的でイラストを魅力的にアピールできるオリジナルタオルはイベントグッズとして向いている。
  • どんなタオルにしたらいい??

    (デザインのテーマやオススメのプリント方法)

    イラストが映える大きなタオルだけでなく、ハンドタオルもおすすめ!コンパクトで収納も楽々♪

短納期でコストパフォーマンスにすぐれる定番のフェイスタオルが人気です。小ロットなら部分昇華転写プリントミニハンカチなどはいかがでしょうか。

  • フェイスタオルmore

    フェイスタオル

    贈答用や挨拶用など一般的に広く使われているタオルです。生活のいたるところで活躍するようになりました。現代人に欠かせない日用品になっています。

    サイズのイメージを確認
  • ミニハンカチmore

    ミニハンカチ

    小さなサイズのタオルハンカチです。「20cm角」と「25cm角」の商品ラインナップとなります。お手頃サイズ・お手頃価格でイベント用やノベルティ用として最適です。

    サイズのイメージを確認
  • マフラータオルmore

    フェイスタオル

    最近人気急上昇中の「マフラータオル」です。四季を問わずフルシーズンでご利用いただけます。野球クラブチーム、サッカーなどスポーツ関連のお客様に特に人気です。

    サイズのイメージを確認

フルカラー対応で、細かい表現も得意な全面昇華転写プリントがオススメです!色の発色も良く、期待通りの高い再現度を発揮します。
小ロットなら 染料インクジェットプリント部分昇華転写プリントが写真も使えて便利です。また、ある程度の枚数ならコストパフォーマンスの優れた枠ありプリントがおすすめです。