オリジナルタオル制作の流れ。お客様とタオルショップジェイピーのワークフローをご案内。

ご発注からデザインの制作、タオルの製造、商品の発送まで。

様々なデザインに対応!!お客様と一緒になって思い出に残るオリジナルタオルを提案します。

ご発注方法

はじめての方へのご発注ガイド

入稿データについて

タオルに入れるデザインの原稿・デザインのデータ入稿の場合は、info@towel-shop.jp へメールにて添付送付お願いします。
紙媒体での原稿、手書きでの原稿の場合は、FAXまたは、郵送等にて送付をお願いします。

Illustrator バージョンCCまで対応可能です。フォントはすべて「アウトライン化」をお願いします。
Word、EXCEL、PowerPointなど 市販フォントなど特殊なフォントを使用する場合、そのフォントが弊社になければ再現できません。ご注意下さい。
その他画像データ(JPEG、TIFF、BMPなど)
  • Windows、MAC いずれも対応させていただきます。
  • 下記デザイン可能範囲を参考の上、データを作成ください。
  • Adobe Acrobat(PDF形式)でのテンプレートをご利用下さい。また、AI形式でのテンプレートが必要な場合は、弊社スタッフまでご連絡をお願いいたします。
  • 送付いただきます入稿データにつきましては、メール添付にてお送り下さい。
    また、大きなサイズのデータ(5MB以上)の場合は、CDでの送付または下記のような「データ送付便」をご利用下さい。
    【宅ファイル便】 http://www.filesend.to/
    【データ便】 https://www.datadeliver.net/
    【firestorage】 http://firestorage.jp/

PC用ソフトウェアを用いた入稿について

タオルショップジェイピーでは、タオルのデザインデータを、Microsoft社の「Word」「Excel」「PowerPoint」、Adobe社の「Illustrator」「Photoshop」といった、PC用ソフトウェアを用いて入稿していただくことができます。

入稿は、デザインデータをメールに添付して送付いただくか、データサイズが「5MB」以上の場合は、「宅ファイル便」などのストレージサービスをご利用下さい。また、CD-Rなどのメディアにコピーして郵送していただきましても結構です。遠方にお住まいの方でも簡単にオリジナルタオルを制作することが可能です(お預かりしたメディアは、納品時にご返却いたします)。

なお、入稿作業は簡単ですが、美しいタオルを制作するためにはいくつか注意点があります。クオリティを高めるためにも、これからデータ入稿をお考えの方は、デザインデータを制作する際に、以下の点にお気を付けください。

「Word」「Excel」「PowerPoint」を用いてデザインデータを入稿する場合のご注意点

Microsoft Officeシリーズのデータ

タオルショップジェイピーでは「Word」「Excel」「PowerPoint」といったMicrosoft Officeシリーズのデータをデザインデータとして使用できます。ただし、これらはデザイン用のソフトウェアではないため、タオル制作を開始するまでに確認や微調整などを含めて、多少お時間をいただくことがございます。また、デザインデータは、以下の点に注意して制作してください。

  • デザインがわかる画像を添付する

    Microsoft Officeシリーズのデータは、ディスプレイに表示されている画像がそのまま印刷されるわけではありません。「Excel」のデータをプリンターで印刷したときに、必要な範囲がすべて印刷されなかった経験もあるかと思いますが、タオルプリントでも同じことが起こる可能性があるのです。弊社では、お客様がどのようなプリント内容を希望されているかがわからないため、Microsoft Officeシリーズのデータを入稿される際には、スクリーンショットやPDFなど完成イメージがわかる画像を添付してください。

    エクセルの入稿例
    エクセルでの入稿例(デザイン指示書)

  • 使用したいフォントの書体名を知らせる

    同じMicrosoft Officeでも、バージョンによって使えるフォントが異なり、文字化けしてしまうことがあります。フォントにこだわりたい方は、デザインデータをご入稿いただく際にフォントの名前をお伝えください。市販のフォントや特殊なフォントなどの場合、弊社に同じフォントがなければ再現できませんので、予めご了承ください。弊社にフォントがない場合でも、著作権や使用範囲上問題のないフォントであれば、入稿データといっしょにフォントデータを添付していただければ対応いたします。

  • 使用する画像の元データも入稿する

    「Word」や「Excel」などに画像を貼り付けると、設定によって画像が自動的に圧縮されてしまいます。ソフトウェアの設定で圧縮を無効にすることもできますが、無効にしていない場合、画像の画質が低いまま印刷されてしまいます。設定の変更忘れをしてしまう場合もありますので、入稿の際にはデザインデータといっしょに、使用している画像の元データもお送りください。

「Illustrator」「Photoshop」を用いてデザインデータを入稿する場合のご注意点

Adobe Illustrator Photoshop

タオルショップジェイピーでは、「Illustrator」や「Photoshop」などのデータを、そのままデザインデータとしてご入稿いただけます。ただし、これらのデータはお客様のPC上で表示することを前提としているため、実際に印刷すると文字化けを起こしたり色味が変わってしまったりすることがあります。弊社に入稿する際には、印刷用データとして以下のような調整をしてください。

  • 文字は必ずアウトライン化する

    デザインデータに文字を使用している場合は、必ずアウトライン化をしてください。
    文字はフォントという、PC上にインストールされた書体データを使って表示されています。

    例えば、「HGゴシック」というフォントを使ったデータを、同フォントがインストールされていない別のPCで開くと、ほかのフォントに置き換わってしまうのです。そこで、アウトライン化を実行し、文字を図形データに変換することで、文字の見た目が変わってしまうことを防ぐことができるのです。

  • ファイルのカラーモードはCMYKで制作する

    入稿データのカラーモードは、最初からCMYKで制作してください。
    色を構成する三原色は、「光の三原色」と「色の三原色」の2種類に分けられます。

    PCモニターで使用されているのは光の三原色で、Red(赤)・Green(緑)・Blue(青)の頭文字を取って「RGBカラー」と呼ばれています。一方、実際の印刷物で使用されるのは色の三原色で、Cyan(空色)・Magenta(赤紫)・Yellow(黄)の3色にKey plate(黒)を加えた「CMYKカラー」となります。

    タオルを印刷する場合はCMYKカラーを使用しますので、デザインデータのカラーモードをCMYKにする必要があります。カラーモードをRGBで制作してからCMYKに変換すると色味が変わってしまいますので、最初からCMYKで制作するようにしてください。
    なお、「DIC」や「PANTON」といった特色も使用可能です。

  • 「Illustrator」の使用画像は「埋め込み」を推奨

    「Illustrator」で画像を使用する場合は、「埋め込み」を推奨しています。埋め込みとは、その名のとおりデザインデータに画像ファイルを埋め込む方法です。入稿データの容量は大きくなってしまいますが、透明効果などの機能が失われてしまう可能性を防ぐことができます。

    「Illustrator」には画像の「リンク配置」という機能があり、リンク配置でも入稿いただくことは可能です。しかし、リンク配置のデザインデータは画像ファイルが埋め込まれていないため、入稿時にはすべての画像ファイルを送っていただく必要があります。万が一、画像ファイルに抜けなどの問題があったときは、再入稿となってしまいますのでご注意ください。

著作権・商標登録の取り扱い関しましての注意事項

著作権・商標登録に触れるデザインと取り扱いに関しまして、その関係者以外からの加工依頼はお受けできません。また、疑わしいと判断させていただいた場合は、ご注文をお断りさせていただく場合がございます。ご了承下さい。

また、弊社では特にこれら案件につきましての調査はいたしませんので、お客様にてご依頼前に調査・確認願います。加工依頼いただきましたデザイン等が著作権・商標登録その他の権利に関わるものが発覚した場合でも、弊社では一切の責任を負いかねます。

弊社が全力でサポートいたします!

データ入稿の注意点について簡単にまとめましたが、中には「データ入稿って難しそう…」と思われた方もいるかもしれません。

しかし、そのような場合こそ、タオルショップジェイピーにご相談ください。弊社の強みは「一人ひとりの想いをきちんと形にするサポートができる」ということです。 初めてのオリジナルタオルづくりは、わからないことがあるのは当然です。不明な点や不安な点があれば、お気軽にご相談ください。わかりやすく丁寧にご説明いたします!