オリジナルタオルと名入れタオル専門店:タオルショップジェイピー

オリジナルデザインから無料お見積もりまでタオル制作のお手伝い

枠ありプリントは多色プリントが可能な上に低コストな名入れ方法。シャープな仕上がりが特長です。

イラストや文字の名入れに向いており、カラータオルも選択可能。挨拶用・粗品用などイベント利用に活躍します。

様々な種類のタオルを使用でき、色つきのカラータオルや日本手ぬぐいにもプリントできます。

枠ありプリント

にじみやかすれを起こしやすい裁縫部分を避けて内側のみに染色を施す方法で最もポピュラーなプリント方法です。既製品のタオルをそのまま利用出来るため、安価に仕上げることが可能でカラータオルを利用出来る特長もあります。

タオルの長辺を「ミミ」、短辺を「ヘム」と呼びますが、これらの部分は染色をする際に色がにじんだり、デザインがずれてしまったりするリスクがあります。そのため、タオルにプリントする場合は枠部分に余白を設けて、その内側にプリントを施すのが一般的です。この最もポピュラーなプリント方法を「枠ありプリント」と呼びます。

枠ありプリントの強みは「キレイにプリントができる」という点です。デザインできる範囲は決まっていますが、その分イメージどおりのデザインに仕上げることができます。また、枠ありプリントでは「カラータオル」を使用することができます。使用できるカラータオルは薄い色に限られますが、タオルの裏面もタオル色が見えるため、インパクトのあるタオルに仕上ります。その場合、プリント色にカラータオル生地の影響が出るため、希望色の再現が難しくなりますのでご注意ください。

そして、もうひとつの強みとして「比較的安価」という点が挙げられます。枠ありプリントは既製品のタオルをそのまま利用できるため、手間も工程も少なく、安価に仕上げることが可能です。コストを重視したい場合に最適なのはもちろん、納期も比較的短いことからお急ぎで制作したい場合にも向いています。

このように、枠ありプリントは多くの利点があるため、イベントの記念品をはじめとして、お得意様に配布する粗品コンサートやライブなどの物販用オリジナルタオルなど、さまざまなシーンで活用されています。初めて名入れタオルを作成されるお客様にもおすすめの方法です!

今すぐ無料お見積もり

名入れ方法とタオルの組み合わせ

フェイスタオル

フェイスタオルのイメージ 無料お見積り

ミニハンカチ

ミニハンカチのイメージ 無料お見積り

日本手ぬぐい

日本手ぬぐいのイメージ 別途お問い合わせ

Features & cautions 特長とご注意点

デザイン可能範囲

feature image
タオルの種類とサイズ

デザイン色

feature image
feature image

最大7色まで使用可能です。 またプリント色は「DIC」又は「PANTONE」での指定が可能です。

※プリント色は「1色」につき「1版」の型代が必要となります。プリント色が増えた場合でもタオル代金は変わりません。

ご注意点

【カラータオルの使用について】

使用可能なカラータオルは、「薄ブルー・薄ピンク・薄イエロー・薄グリーン」です。カラータオルにプリントする場合、カラータオルよりも「薄い色(白色を含む)」のプリントは出来ません。また、カラータオルにプリントをする場合、生地の色がプリント色に影響が出るため、ご指示通りの色になりません。若干色が変化する場合がございます。ご了承ください。

※上記以外の条件の場合は、「全面プリント」での対応となります。

【濃色の使用について】
濃色(黒、紺、赤、エンジなど)でのプリントの場合、タオルの表面が若干硬くなる場合がございます。

【色落ちについて】
洗濯や表面の摩擦によりまして、色落ちが発生する場合がございます。

caution image