喫茶店や飲食店などで利用されているおしぼりがオリジナルタオルに。業務用のほか、家庭でも。

実用性が高く、拭き心地がよく、肌触りの良い捺染プリントが最適です。

お問い合せは「タオルショップジェイピー」へ TEL: 0120-710-864
簡単!1分でできる無料お見積り
サイト内検索

おしぼりタオル

喫茶店や飲食店などで広く使われているおしぼり。最近では「タオルハンカチ」とも呼ばれ、「ハンドタオル」と共に一般家庭でも広く使われるようになりました。
フキンとして台所をはじめ、生活の至る所で使用されています。

おしぼりタオルとは、喫茶店やファミリーレストランなどの飲食店に入ったときにもらえる、おしぼりサイズのタオルです。最近では「ハンドタオル」と呼ばれることもあります。

ヨーロッパやアジアを中心として世界各国で利用されており、おもに宿泊施設や飲食店、飛行機のアメニティなどで用いられていますが、実は日本発祥の文化です。その歴史は古く、「東日本おしぼり協同組合」によると、起源は平安時代にまでさかのぼるとか。かつては公家が客人を招く際に使われていたそうで、特権階級の文化でした。おしぼりが一般市民に広く親しまれるようになったのは、さらにあとの江戸時代です。旅籠という宿屋に入る際、汚れた手や足を濡れた手ぬぐいで洗っていたとのことで、この手ぬぐいを「しぼる」行為が、おしぼりの語源だといわれています。

おしぼりは大きく分けると「布製」と「紙製」に分類できますが、最近は環境保護の観点から布製のおしぼりタオルの評価が高まっています。再利用できるのはもちろん、スチームで温めたり、冷蔵庫で冷やしたりして使えるのも布製ならではの利点です。

飲食店の名入れタオルをはじめとして、旅館や温泉施設などの土産物のほか、家庭用のお手拭きなど、さまざまなシチュエーションで使われているおしぼり。日本が世界に誇るおもてなし文化のひとつとして、オリジナルタオルを制作してみてはいかがでしょうか?

今すぐ無料お見積もり名入れ方法とタオルの組み合わせ

おしぼりタオルのイメージ
おしぼりタオルの図面

サイズイメージ

サイズイメージ①

 

おしぼりタオルの制作実績一覧

  • お客様より_R
  • IMG_1958_R
  • IMG_1813_R
  • IMG_6481_R

おすすめのプリント方法

  • 捺染(ナセン)タオル

    捺染(ナセン)タオルのイメージ

    タオルの横糸だけが染色された昔ながらの名入れ方法です。乾いているとうっすらした文字色ですが、濡れるとハッキリと柄が見えます。なお、お見積り単価には型代が含まれております。

    最低ロット数 200枚
    1枚での金額 109円
    200枚での金額 21,800円
    納期 約2~3週間

    (金額は税別にて表示)

    今すぐ無料お見積り

ご相談/お問い合わせ/資料請求(無料)/ご依頼/お見積り

0120-710-864(ないれやるよ)フリーダイヤル・携帯・PHS 通話可能
受付時間:月~金曜日 10:00~18:00(祝日を除く)
今すぐ無料お見積り
お急ぎの方はこちら
ページの先頭へ戻る