染料プリントは発色がよく、タオル本来のやわらかさを損なわない名入れ方法です。

鮮やかで高級感のある仕上がりが特長で、販売用や贈答品などクオリティの高いオリジナルタオルづくりに最適です。

お問い合せは「タオルショップジェイピー」へ TEL: 0120-710-864
簡単!1分でできる無料お見積り
サイト内検索

染料プリント

濃い色を染色しても肌触りや吸水性といったタオル本来の触感が損なわれない特長があるのが染料プリントです。
生地の中にまでインクが浸透しているため色が鮮やかで高級感のある仕上がりになります。贈答用や販売用などに向いているプリント方法です。

JIS規格によると、染料とは「水などの媒体に溶解又は分散し、繊維などに親和性があって吸着され、ほぼ満足できる堅ろう性をもつ色材」と定められています。簡単にいうと「水に溶ける」「生地に浸透する」などの性質を持つインクのことです。

染料プリントの強みは「濃い色に染めてもタオルの性能を損なわない」点です。顔料プリントの場合、黒・赤・濃紺などの濃い色に染めると生地がやや硬くなってしまいますが、染料プリントなら肌触りや吸水性はそのままに染色することができます。

一方、弱みとしては「細かいデザインには不向き」という点が挙げられます。生地にインクを染み込ませる際に、多少のにじみが発生するので、複雑なイラストや小さな文字は苦手です。また、顔料プリントと比べて作業工程が多いので、コストが少し高くなります。

「にじむ」というと抵抗があるかもしれませんが、ライブ会場で販売されているオリジナルタオルや、サポーター用の名入れタオルなどの多くは染料プリントが一般的です。生地の中までインクが浸透しているので「高級感がある」だけでなく、「色は鮮やか」「タオル本来の肌触りが楽しめる」など、多くのメリットがあるためです。記念品や贈答品、販売用タオルなど、ある程度のクオリティが求められる場合は、染料プリントがおすすめです。

今すぐ無料お見積もり名入れ方法とタオルの組み合わせ

染料プリントの特長

タオル全体イメージ タオル全体イメージ
プリント面クローズアップ プリント面クローズアップ
デザインの再現性・シャープさ
色数・多色利用
一枚あたりの単価
吸水性・実用性
小ロット制作の適応性

染料プリントの制作実績一覧

  • 集合-1_R
  • 額縁のコピー_R
  • 額縁のコピー_R
  • IMG_0585_R
  • IMG_0249_R
  • IMG_0625_R
  • IMG_0295_R
  • IMG_0615_R

特長とご注意点について

  • デザイン色

    デザイン色 1色・多色例

    最大7色まで使用可能です。 またプリント色は「DIC」又は「PANTONE」での指定が可能です。

    ※プリント色は「1色」につき「1版」の型代が必要となります。プリント色が増えた場合でもタオル代金は変わりません。

  • ご注意点

    全面にプリントした場合の諸注意事項  (・白色部分のにじみ・色ムラ現象について)

    全面にプリントした場合、デザイン上の制限や全面プリントの仕様上に生じる色ムラが発生する場合があります。
    別途全面プリントタオルのご注意点をご覧ください。

ご相談/お問い合わせ/資料請求(無料)/ご依頼/お見積り

0120-710-864(ないれやるよ)フリーダイヤル・携帯・PHS 通話可能
受付時間:月~金曜日 10:00~18:00(祝日を除く)
今すぐ無料お見積り
お急ぎの方はこちら
ページの先頭へ戻る